アレルギー性鼻炎の原因を知って病気克服|効果的な栄養摂取で体元気

花粉症でもなる

男女

早期治療

この時期になると花粉症が原因で鼻炎になる方がいます。鼻炎だけでなく、鼻詰まりを併発いている方も多くいらっしゃいます。早期に治療しないと慢性鼻炎になり最悪の場合蓄膿症を発症することもあります。蓄膿症になると1日中変な臭いがし、不快になります。蓄膿症まで進展しないためには早期の鼻炎治療を行う方がいいです。市販の薬を用いても病院で処方されてもいいので、治療をすることをお勧めします。鼻の血管が広がりすぎて圧迫されているケースが多いため温めて血行を良くするよりも冷やして血管収縮させた方が鼻どおりがよくなるケースがあります。メントールも血管収縮する効果があるため鼻炎には効果があるとされており、市販のマスクや治療薬にも配合されています。

簡単な治療方法

鼻水が出るときに鼻をかみすぎると鼻炎が悪化します。よって早期に薬で抑え鼻を保護するか、高価なティッシュで鼻をかむことをお勧めします。点鼻薬はほとんどの場合長期に使用すると逆効果になるため、短期決戦で決着をつけるほうが賢明です。薬を使いたくない場合、医薬品成分の入ってない商品もあるためそのような製品を使う方法もあります。鼻が鼻炎で詰まるとのど呼吸するためのどマスクなどを使う方が今後の発症予防にも効果的です。鼻炎で鼻が詰まった場合、詰まっている方を上にして寝ると少し改善されることもあります。両方詰まってしまった場合は上を向き少し頭を後ろに倒することにより通りがよくなることがあります。一度寝てしまうと血管の広がりが比較的安定化します。